counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

ミンミン蝉2012年08月12日 16時55分09秒

ミンミン蝉。あえて漢字で書くと蛁蟟(ちょうりょう)、ミンミン蝉の方がわかりやすい。
油蝉と比べ、翅が透明、緑ぽい、腹部が短い。
今日もさがしたがみつからず、8月5日に撮影し塩漬けになっていた写真をみつけてきた。
ミンミン蝉は傾斜地が好きな所為もあると思われる。また、ミンミン蝉は暑さに弱い所為もあるようだ
気になって庭を一回りしてきたが、油蝉ばかりであった。
ミンミン蝉
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 1250), 1/500sec, F8, 140mm

4km上空を上昇しつつあるJA89562012年08月12日 19時57分06秒

庭でミンミン蝉を探していると、驚いた油蝉が飛び立ち、その上をお花ジャンボが上昇していく。
写っている大きさから計算したら4km上空。
ANAのJA8956。
Boeing 747-400。
お花ジャンボと呼ばれる。
お花ジャンボ
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/1000sec, F5.6, 200mm

産卵する並揚羽2012年08月12日 20時52分19秒

後翅が破れた並揚羽(ナミアゲハ)が庭の柚子の木に寄ってきて産卵をはじめた。
場所を変え、葉の裏に卵を産み付けていく。
年に1回、市のシルバー人材の派遣で庭木の手入れをしてもらっているが、今年は、殺虫剤の散布をしないで済ませた。
昆虫の名前が分かってくると可愛らしく思えてくる。
庭の植物に大きな影響がない限り、自然のバランスに任せてみたいものだ。
産卵する並揚羽
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 3200), 1/500sec, F5.6, 200mm

菜亀2012年08月12日 21時41分33秒

菜亀(ナガメ)の成虫と幼虫。
庭の葉牡丹の穂の部分を徘徊している。
葉牡丹の下の方には小さな葉がまだ残っていてそれを食べているようだ。

APO TELE CONVERTER 2x EX DGの使った形跡があまりない中古品が安かったので買ってしまい、金環日食やスーパームーンの撮影にマニュアルフォーカスで使ったのみであった。
70-200mmのレンズは1mくらいまでしか近寄れず、テレコンバーターを使うと大きく写せるに違いないと思い試したみた。

APO TELE CONVERTERは、レンズ装着側のマウント面と同じくらいにレンズが付いているので、望遠系のレンズでないと付けられず、手持ちレンズのうちタムロンの70-200mmレンズに付けることはできる。
シグマでは付けられるレンズを公表しており、それ以外には使えないとしている。

それで、実際に付けてみると、オートフォーカスがうまく作動せず、しかも、写真に記録される合成焦点距離、絞りが補正されていない。
マニュアルフォーカスではなんとか撮ることができた。
この写真がそれで、テレコンバーターを使ったにしては綺麗に撮れている。
綺麗に撮れるが、三脚を使わないで手持ちでマニュアルフォーカスで撮ると、パソコンで拡大して見るまではピントが合っているのかどうか不安である。・・・オートフォーカスであってもちゃんと合っていないときがあるが。。。

以前、AF-S Teleconverter TC-20EII のアウトレット品を買ったときは、マウント面のレンズの出っ張りがあって付けられるレンズがなく、後で300mmF2.8を買ってしまった。昔と違って、最近の機材は、相性があってなかなかと難しい。カメラを持ち始めたころのレンズは、フィルターサイズを52mmで統一して買ったものだが、最近のは、62mm、67mm、72mm、77mmもあって混乱するので小さなカードにサイズの一覧表を印刷し、手帳に挟んで持ち歩いている。ましてや、電子部品がはいっているものは運を天に任せることになる。
菜亀
D700+ APO TELE CONVERTER 2x EX DG + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 3200), 1/500sec, F8, 200mm(実際には、F16, 400mmになる)