counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

江戸川花火大会2012年08月05日 21時18分11秒

江戸川花火大会は、ものすごい人出で、撮影していた辺りも人が増え危なくなってきたので早めに撤収。帰りの混雑も避けたい。家まで5kmを歩く。途中、県道283号線と県道6号線の信号待ちをしていると283号線の先の方で花火大会最後の花火が派手に打ち上げられていた。打ち上げ場所までは1.5kmくらいだが、迫力満点。日本名物の電柱もシルエットになって花を添える。
江戸川花火
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 250), 1/500sec, F5.6, 200mm, -1.7EV
江戸川花火
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 450), 1/500sec, F5.6, 200mm, -1.7EV
江戸川花火
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 2000), 1/500sec, F5.6, 200mm, -1.7EV

花火大会の日の江戸川水門の辺り2012年08月05日 21時49分48秒

江戸川閘門に以前来た時は、船は一艘もなかったが、この日は、花火大会見物の船が、水位調節に犇めき合っていた。水上から見る花火は格別に違いない。
江戸川閘門
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), ISO 100, 1/80sec, F4.5, 70mm

夕陽を浴びる江戸川水門。閘門と一緒に昭和11年着工昭和18年竣工。
江戸川水門
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), ISO 100, 1/160sec, F6.3, 70mm

雲に隠れた夕陽。左の方に東京スカイツリーが見える。中州は、閘門と水門が分かれるところ。
江戸川水門近くで見る夕陽
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/1600sec, F8, 70mm

江戸川大橋。その向う辺りで花火を打ち上げる。
江戸川大橋
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 400), 1/500sec, F8, 70mm

江戸川水門の脇にある国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所江戸川河口出張所の鉄塔。江戸川水門の東側であるが、東京都江戸川区で千葉県市川市と地続きで接している。
水門脇の鉄塔
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 1600), 1/500sec, F8, 70mm

タムロンの70-200mmレンズ。たまたま選んだ写真だがどれも70mmで撮っている。
このレンズは、オートフォーカスが「そんなに急いでばかりでは陸(ろく)なことは無い。」と言わんばかりの遅さで、時々エラーになって、カメラの電源を入れなおさなければならなくなる。
しかし、70mmで撮った写真は妙に生真面目で憎めない。