counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

真間川の桜2013年03月16日 16時23分33秒

真間川の桜は、河津桜が満開、染井吉野は木によっては、蕾がほころび始めたところ。

河津桜  本数が少なく小ぶり。
河津桜
D800 + Ai Zoom-NIKKOR 100-300mm F5.6S, auto(ISO 180), 1/500sec, F5.6, 300mm, -1.0EV
河津桜
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 140), 1/500sec, F8, 70mm, -1.0EV


染井吉野。
染井吉野
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 180), 1/500sec, F8, 300mm, -1.0EV

内弁慶やんちゃ猫りく2013年03月16日 15時35分24秒

不機嫌そうに見えるのは、口の下に下がる黒っぽい模様のせいのよである。


とても安いレンズで撮った。
プラスチック製なので軽い。
カメラ本体のモーターでピント合わせを行うので、ピントが合うのが遅い。


ブログのサイズだとわからないが、原寸大で見ると、レンズの性能がカメラに追い付いていない。
追い付いていないが、レンズの性能を忠実に再現しているように見える。
原理は違うが、学生の頃、白黒写真を高い引き伸ばしレンズで全紙に伸ばすと、フィルムの粒子がくっきりとあらわれ、写真が締まって見えたのを思い出す。


我が家の内弁慶やんちゃ猫。
りく
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 2800), 1/500sec, F8, 300mm, -1.0EV
りく
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 2200), 1/500sec, F8, 300mm, -1.0EV
りく
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 6400), 1/500sec, F8, 300mm, -1.0EV

30年近く使っている椅子2013年03月12日 21時42分31秒

市川市に引っ越してきてから使っている椅子で、30年近くになる。
さすがに背もたれの籐は二度張り替えている。
最初の籐は縦横だけのシンプルな編み方で気に入っていたのだが、最近は、このような編み方が普通のようである。

椅子を撮りたかった訳ではなく、レンズの写り具合を試したかった。
それも、夜になって思い立ち、手近にある細かい籐の網目がある椅子に目が向いた。(思い立つの用法がちょっと違うみたいだが、イメージ的にはこれが良い)

このD800は3600万画素もあって、ニコンもこの性能を引き出す推奨レンズを紹介している。
値段の高いレンズが沢山並んでいる。

つい最近、安いレンズでもD800にかかると、レンズの性能をこれまでになく最大限に引き出せるような記事を見つけ、これを試さない手はないと考えた。

手持ちのフルサイズ用で一番安いのが、AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6Gで、定価3万円のところ1万円くらいで入手できるようなレンズである。

画素数の多いカメラでは、レンズの性能が低いと、それが増幅され、粗が見えるようになってしまうと思っていたが、実際に撮ってみると、そうでもなかった。
425gという軽さも良い。気軽に撮れる。
30年近く使っている椅子
D800 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 6400), 1/200sec, F4, 70mm

孔雀の鶏冠2011年01月21日 22時49分55秒

孔雀の鶏冠は、ローマ兵のコリント式兜の飾りを連想する。
孔雀の鶏冠
D700 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 1400), 1/250sec, F5.6, 300mm
孔雀の鶏冠
auto(ISO 1250), 1/250sec, F5.6, 300mm
これも孔雀の鶏冠
auto(ISO 1000), 1/250sec, F5.6, 300mm
少し上が画面から欠けてしまったが孔雀の鶏冠
auto(ISO 1000), 1/250sec, F5.6, 300mm

リリー2011年01月19日 22時44分40秒

リリーは市川市動物園の2010年7月16日生まれのスマトラ・オラウータンの赤ちゃん。ようやく名前が決まった。
生後6か月くらいになるリリー
D700 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 280), 1/250sec, F5.6, 300mm
目が可愛いリリー
auto(ISO 250), 1/250sec, F5.6, 300mm
仕草も可愛いリリー
auto(ISO 250), 1/250sec, F5.6, 300mm

市川市動物園猿山親子猿2011年01月18日 22時26分35秒

親子の猿の写真を並べてみた。
市川市動物園は、昨年11月21日から1月15日まで6回訪れている。
猿山のまわりには顔の高さまで柵があり、邪魔かと思ったが、レンズを支えるのに便利で、そうでもない。
吊橋を渡る親子猿
D700 + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 200), 1/250sec, F5.6
岩場を下る親子猿
D700 + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 200), 1/1000sec, F5.6
岩棚の親子猿
D700 + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 250), 1/250sec, F5.6
お猿の親子
D700 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 280), 1/250sec, F5.6, 300mm

オーバーハングロッククライミング子猿2011年01月17日 22時18分11秒

市川市動物園の猿山。
平穏な猿山は、ちょっと面白みに欠ける。
そんななかで、好奇心旺盛な子猿は、見る人を飽きさせない。
小猿がオーバーハングロッククライミングを始めた
D700 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 360), 1/250sec, F5.6, 300mm
垂直面を登る
auto(ISO 360), 1/250sec, F5.6, 300mm
足をいっぱいいっぱい引き寄せ
auto(ISO 360), 1/250sec, F5.6, 300mm
全身を伸ばして一気に登る
auto(ISO 450), 1/250sec, F5.6, 300mm
いとも簡単に登ってしまった
auto(ISO 280), 1/250sec, F5.6, 300mm

自宅で焦点距離300mm絞り開放で3本のレンズの解像度などをチェックした。
300mm/F2.8は、絞り開放で中心部と周辺部でほぼ同等に申し分ない解像度であった。像の歪みもほとんど見られなかった。
28-300mm/F3.5-6.3の300mm/F6.3では、中心部で300mm/F2.8に近い解像度であったが、周辺部では解像度の低下が認められたが文字が判読できる程度であった。また、かなり強い糸巻き形の歪みが見られた。撮影距離2.5mでは190mmくらいの焦点距離になってしまった。
70-300mm/F4-5.6の300mm/F6.3では、中心部で28-300mm/F3.5-6.3の周辺部と同等の解像度で周辺部では放射状に流れるようなボケがあり、つぶれて読めない文字もあった。糸巻き形の歪みが少し見られる。撮影距離2.5mでは270mmくらいの焦点距離になってしまった。
定価の比率は、19:2.2:1であることを考慮すると解像度は当然の結果。気軽に楽しむのであれば、28-300mm/F3.5-6.3、しっかり撮るなら300mm/F2.8といったところ。上の小猿を撮った70-300mm/F4-5.6は非常時用に待機してもらうことになるのか。

雉鳩2011年01月15日 23時16分36秒

動物園から帰ろうとすると、雉鳩。
市川市動物園に舞い下りてきた雉鳩
D700 + AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, auto(ISO 200), 1/250sec, F5.6, 300mm
人がいてもあまり警戒しないようだ
auto(ISO 200), 1/250sec, F6.3, 300mm

このレンズは、望遠ズームにしては安いレンズ。
なにしろ軽いので機動性が高い。
ブログに載せるサイズに縮小すると分かりにくいが原寸でみると描写がかなりあまい・・・300mm/F2.8と同じだったらどうしょうかとの心配であったがホットした。

ピアノの下で一息いれるりく2010年07月29日 00時22分37秒

ピアノの下で一息いれるりく
AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, ISO2500, 1/30sec, F4.5, 155mm

猫草の植木鉢と戯れるりく2010年07月29日 00時08分49秒

始めは猫草を食んでいたが、鉢の向うに何かが見えているかのように顔を突っ込み鉢を抱きこむように手を伸ばし始めた。
始めは猫草を食んでいたりく
AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G, ISO2500, 1/125sec, F5.6, 145mm
完全に鉢を抱き込んだりくは鉢の奥に何かが見えているかのようだ
1/125sec, F5.6, 145mm