counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

古いレンズで撮る その2 I took a picture with the old lens Part 22015年04月20日 16時08分49秒

どちらかというと開放絞りで撮るだろうレンズがD810Eでどのように撮れるか確認してみた。厳密なテストでなく、印象なので、これが全てではない。
Lens with a chance to take in the open aperture I was sure take how in D810E. Rather than a rigorous testing, since impression, this is not all.

Ai Nikkor 20mm F2.8S
1984年12月発売、定価68,000円
Released in December 1984, price 68,000 yen.
蔦 Ivy
F8まで絞ると解像感が向上し周辺減光も改善されるが、下の写真のようにF2.8でも結構いける。
When squeeze up to F8, perceived resolution and visnetting are improved. Not bad even F2.8 as shown in the photograph below.
Ivy

Ai Nikkor 50mm F1.4
1977年3月発売、定価36,000円
Released in March 1977, price 36,000 yen.
胡蝶蘭 Phalaenopsis
開放絞りで最短撮影距離近くではピント合わせが難しい。カメラを三脚に固定しライブビューで拡大表示しピントを合わせた。F1.4でも蕊柱(ずいちゅう)の斑模様がくっきりと写っている。
It is difficult to focus in the shortest shooting distance in the open aperture. The camera is fixed on a tripod, try to focus expanded display live view. Mottled pattern of stamens pillar are taken a sharp even aperture F1.4.
Phalaenopsis

ギャラリー☆シュテルン2014年01月22日 21時01分15秒

会社帰りに、京成青砥駅近くにあるギャラリーシュテルンに寄る。

35年くらい前に買ったレンズであるが良く写る。
明るいレンズで、絞り開放で撮るものだから、速いシャッタースピードで撮れるがピントが合う範囲が狭い。
被写体によっては最短撮影距離なので、体が少し揺れるだけでピントが合わなくなってしまう。
その代り、ピントが合うとさすがに綺麗に写る。パンチがある。

看板猫ララがお出迎え。
ギャラリーシュテルンの看板猫ララ
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1400), 1/320sec, F1.4, -1.0EV


猫のまねをして喉を鳴らすが冷たい態度である。歩いているところを撮ろうとしたが、ピント合わせが追い付かない。
ララ
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1100), 1/320sec, F1.4, -1.0EV
恒例のギャラリーシュテルン店内探索。
ギャラリーシュテルン
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 125), 1/320sec, F1.4, -1.0EV

永登せつ子さん作の馬。
永登せつ子さんの馬
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 2000), 1/320sec, F1.4, -1.0EV

アコディオンをひく・・・犬?
ギャラリーシュテルン
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1000), 1/320sec, F1.4, -1.0EV

カップボードのグラス。
ギャラリーシュテルン
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 100), 1/400sec, F1.4, -1.0EV


やまぐちせつよさん作の猫。
やまぐちせつよさんの猫
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1400), 1/320sec, F1.4, -1.0EV


整頓されて写るカウンター。
ギャラリーシュテルン
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1800), 1/320sec, F1.4, -1.0EV

神田ビーバー2013年03月14日 21時49分23秒

風月堂ビルにある洋食屋さんビーバー。
中が百の凮月堂と関係があるのか調べたがわからない。
名前の由来は、美しい自然の花鳥風月なのか、御伽草子に出てくる巫女の風月なのか。
ビーバー
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 4000), 1/125sec, F2.8


一度に撮ってしまうと次に来る楽しみがなくなってしまうので、今回は、このスタンドの辺り。
ビーバー
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1100), 1/125sec, F2.8


赤いものが気になるのだが。
ビーバー
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 4500), 1/125sec, F2.8, -1.3EV


ビーバーには出入り口が3つあって、中ほどのドアから出てくると風月堂ビルの入り口に出てくる。
風月堂ビル
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 280), 1/125sec, F2, -1.3EV

5番地2013年03月14日 21時26分18秒

50mmF1.4は、学生の頃買ったレンズ。
買った当時は良さが分からず、そもそも、標準レンズと呼ばれていることが気に入らなかった。
学生の頃は、なにかと反発しがちだったから、なんとでも気に入らない理由はつけられた。
それで、長い間、ほとんど使うことがなかった。
良く考えてみると、なぜ買ったのかが不思議である。

最近になって、レンズとしての完成度の高さに気が付き、使い始めた。
人との付き合いも似ている。何か良いところを見つけると、急に距離が近くなる。

5番地が正しいのかどうかわからないが、語呂が良いので・・・
5番地
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 100), 1/200sec, F2.8

姫林檎便り2013年03月14日 21時18分15秒

木ノ葉画廊の前の姫林檎の葉が開き始めた。この状態を「萌える」と言うようだ。これから蕾が膨らみ、ほころび、白い可憐な花を沢山咲かせる。
ちなみに、左下の葉は、金木犀。
萌える姫林檎
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 110), 1/125sec, F5.6

日本橋本町の木蓮と辛夷2013年03月14日 21時02分41秒

日本橋本町交番脇の公園の木蓮。
1枚目は、今朝の、2枚目は昼頃。
寒い所為か、開きかけて止まっている様に見える。
ところで、木蓮の開花はどんな状態のことを言うのでしょうか。
これくらいであれば開花という人も、あるいは、開花しそうだという人もいて微妙だ。
木蓮
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 100), 1/160sec, F4
木蓮
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 100), 1/500sec, F5.6


こちらは江戸通りの辛夷。
やっと咲き始めたところ。見頃はちょっと先になりそうだ。
辛夷
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 100), 1/250sec, F5.6

青い時を求めて黄昏の東京駅見物2013年03月13日 21時23分41秒

億劫だったわけでなく、東京駅に行ってみようということに気が付かなかっただけである。
丁度今の季節は、会社帰りに行くと黄昏時にあたり、東京駅辺りだと明かりが溢れる写真が撮れる。

丸の内北口の反対側歩道からJPタワー。
黄昏東京見物
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 4000), 1/125sec, F5.6, -1.0EV


丸の内ビルディング。前にとまる自動車の窓ガラスに、反対側のビルの明かりが映っている。
丸の内ビルディング
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/60sec, F5.6, -1.0EV


普通に撮る東京駅。
東京駅煉瓦駅舎
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/125sec, F5.6, -1.3EV


街灯を東京駅の肝心なところに重ね、しかもピントは街灯に合わせる。絞り開放にしたが期待するほどはボケなかったが、優しいボケになった。
東京駅前街灯
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 500), 1/125sec, F1.4, -1.3EV

JPタワー。古い顔を残し建て替えられている。
JPタワー
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/100sec, F5.6, -1.3EV


はとバス乗り場の辺り。乗車案内書でパンフレットをもらってきた。見ているだけでも楽しくなる。乗った気分になると良いのだが、さすがにそこまでにはならない。
はとバス
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/50sec, F5.6, -1.3EV


東京駅。
東京駅
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/100sec, F5.6, -1.3EV


丸の内南口。
丸の内南口
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/80sec, F5.6, -1.3EV


丸ビル。
新丸の内ビル
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/125sec, F5.6, -1.3EV


丸の内北口。鉄骨にピントを合わせたが、後ろが思ったほどボケてくれない。
丸の内北口
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 200), 1/125sec, F1.4, -1.3EV


丸の内北口。中央に立つと不思議なパワーに包まれるような気がしないでもない。そのパワーを浴びる人が途絶えず、撮ろうと思うとなかなかチャンスがやってこない。
丸の内北口
D800 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1250), 1/125sec, F5.6, -1.3EV

東京タワー2013年02月12日 23時44分19秒

芝公園からの東京タワー。
東京タワー
D700 + Nikkor-N Auto 24mm F2.8, auto(ISO 200), 1/1600sec, F8, -0.7EV
東京タワー
D700 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 200), 1/8000sec, F2

2013年02月12日 23時25分14秒

白黒写真のあと、カラー写真を見ると、パンチのなさを感じる。
もともと、人によって色の感じ方が違うはずだが、萌葱色(もえぎいろ)だとか支子色(くちなしいろ)といtった微妙な色の違いを認識している。実際に目に映っているのと、脳が解釈しているのには違いがありそうだ。

都営地下鉄新宿線岩本町駅
岩本町
D700 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 200), 1/1000sec, F1.4, -0.7EV

京成八幡駅
京成八幡駅
D700 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 6400), 1/250sec, F2.8, -1.0EV

神田2013年02月12日 22時50分23秒

夜中、神田駅を降り岩本町駅に向かう途中、猫の声がする。

ここの街灯は、全てが黄色く写ってしまい、それはそれでよいのかもしれないが、白黒にしてみた。


学生の頃は、コダックのトライXの100フィート缶を買ってきて、フジフィルムか小西六の再利用のパトローネに詰めて使ったもので、白黒写真が懐かしい。


丁度、このレンズも、カラー写真が出始めでサービス版のプリントが1枚何十円していた時代のもので、ある人に言わせると、白黒写真向きらしい。


当時、カラーのプリントは高かったので、リバーサルフィルムで撮ってスライドにしていた。当時のニコンのレンズは、エクタクロームや、特にコダクロームとの相性が良くちょっと高かったがこれらをたまにであるが使っていた。コダックのフィルムは、当時、東洋現像所で現像されていたと記憶している。昔の映画を見ていると、東洋現像所の名前が良く出てくる。


トライXもコダックの製品で、ASA400。今でいうとISO400。現像液は、名前を忘れたが、国産のを、通常の2倍希釈で、現像温度を少し上げて、使い捨てにし、現像条件が同じになるようにしていた。その条件では階調が良く出て具合が良かった。今も当時の道具が、家のどこかにひっそりと眠っている。使う機会がありそうで撮っておいたのがそのままになっている。初めは、温度計で液温をみていたが、そのうち、指で温度が分かるようになったから、すごい。


フェンスの支柱に、ピントが合っていて、猫は少しボケてしまっているが、白黒にすると、気にならなくなるような・・・
神田
D700 + Ai Nikkor 50mm F1.4, auto(ISO 1600), 1/100sec, F1.4, -0.7EV