counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

ヒミコ2014年07月24日 22時57分31秒

隅田川を下るヒミコ。ボートは右方向に進んでいる。
この季節は、デッキでないと面白くないなどと思っているが、ヒミコかホタルナに一度くらいは乗っておかないとデッキの良さも語れない。今年の夏、機会があると良いのだが。
ヒミコ

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

杉並公会堂大ホール2013年02月09日 23時42分12秒

名前を忘れたが、街中の誰もいない写真を撮る写真家がテレビで紹介されていた。
銀座の通りに誰もいない。
はじめ、長時間露光で消したのかと思ったが、本当に誰もいない時に撮ったのだという。
銀座の写真は、1月1日8時45分にとったとか言っていた。
窓に人が写っていてもだめで、ルーペで一つ一つ窓をチェックする。
自動車もない。
信号機だけが動いていて不気味でもある。


杉並公会堂大ホール開演前。
杉並公会堂大ホール
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), ISO 1600, 1/30sec, F8, 70mm

銀杏の黄葉2012年11月16日 23時05分53秒

今年は、身近な銀杏の黄葉がきれいでない。
人と話すと、気の所為でなく、同じように言う。
ちょっと前に一枝だけ黄葉した写真を撮ったが、もっと綺麗なのが撮れるだろうと放っておいていた。
時機を逃すと貼りずらいが、ちょうど良い言い訳ができた。
気持ちは黄葉を楽しむ態勢になっているので写真を掲載。
市川市内のとある中学校の道路に張り出した銀杏。
一枝黄葉
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/1600sec, F5.6, 200mm, -0.7EV

ランタナ2012年11月09日 20時33分30秒

ランタナ。
小葉のランタナ(コバノランタナ)と同じクマツヅラ科の植物。
花の形や付き方が似ている。

 
クマツヅラとは変わった名前だ。漢字で書くと、熊葛。古くは、久末都々良と書かれたようだが、当て字のようで、熊は必ずしも強いの意味ではないようだが、熊葛の熊は強いからきているようだ。

脇道にそれたが、ランタナは花の色が変わることから七変化とも呼ばれている。
以前、野生化したランタナをみたが、これは、手入れされ栽培されているもの。
ランタナ
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/2000sec, F5.6, 200mm, -1.7EV

姫蔓蕎麦2012年11月08日 23時23分03秒

真間川のコンクリート護岸北側の南面に群生している姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)。
栽培用がここに繁殖しているのが、人為的にかどうかわからないが、陽当りのよいここに増え続けている。
姫蔓蕎麦
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/1250sec, F5.6, 200mm, -0.7EV

ピラカンサ2012年11月08日 21時59分10秒

この時期、あちこちで見かけるピラカンサの真っ赤な鈴なりの実。
3年前に撮った赤い実もこれだったのですね。
裏道に入ると夥しい数の赤い実を付けた木が

これも芳澤ガーデンギャラリーの庭園で撮影。
ピラカンサ
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 1800), 1/500sec, F8, 200mm

小葉のランタナ2012年11月08日 21時48分33秒

はじめ、花弁が4枚に見えて、花の名前を調べるのに難航した。
荒地花笠(アレチハナガサ)に似ていると思いながら、植物図鑑の同じところを何度も調べる。
荒地花笠の仲間ではないかとなるとあとは早い。
クマツヅラ科に絞り、蔓性なので小葉のランタナ(コバノランタナ)に違いないということになった。
カタカナで書くとどんな意味なのか想像ばかりが膨らむ名前である。漢字混じりで書くとなんのことはない。
花の辺りのピントが甘い。
小葉のランタナ
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/800sec, F5.6, 200mm, -1.7EV

木瓜2012年11月08日 21時29分15秒

秋はどちらかというと、紅葉。
花などそんなに見かけまいとおもって出かけると、意外とあちこちで見かける。

芳澤ガーデンギャラリーの庭園で木瓜の花。
木瓜
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 200), 1/2500sec, F5.6, 200mm, -2.0EV

天空の赤立羽蝶2012年11月07日 21時54分47秒

赤立羽(アカタテハ)。
以前、これによく似た姫赤立翅蝶(ヒメアカタテハ)を撮ったことがある。

地上150mの市川市アイリンクタウン展望台の屋上、ガラスの内側に止まっていた。
蛾のように見えるが蝶の仲間。蝶とか蛾の区別は外観では難しいときもある。
Webの図鑑では翅の表側の写真が多く、このように翅を立てて裏側しか見えないと、調べるのが難しい。
タテハの仲間とはじめ思ったが、違う種類ばかりを調べ、今日初心に戻って見直したら分かった次第。

でも、どうしてこんな高いところにいるのか。翅の縁がボロボロである。
ビル風に乗ってやってきた。
誰かの服か荷物に付いてやってきた。
いろいろと想像してみる。
赤立羽蝶
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 6400), 1/200sec, F8, 200mm, -0.7EV