counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

黒翅吊虻と麦藁蜻蛉2012年08月07日 20時51分48秒

野草と昆虫のパラダイスのような小路を歩いていると、「私を撮って」と言わんばかりに黒翅吊虻(クロバネツリアブ)が足元に降りてくる。今度は「私を」と麦藁蜻蛉(ムギワラトンボ)も20秒後に降りてきた。向きも同じ。
写真を撮り終えると飛び立っていってしまった。
熱いねこの体から昆虫を呼ぶフェロモンがでているのか。
散髪の帰りなので、床屋でつけられた香料の所為かもしれない。
そんなの偶然に決まっているなどと言われそうであるが。

黒翅吊虻
黒翅吊虻
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 2000), 1/500sec, F8, 200mm, PL-Filter

麦藁蜻蛉
麦藁蜻蛉
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 1100), 1/500sec, F8, 200mm, PL-Filter

牡丹臭木に茶羽挵2012年08月07日 21時09分41秒

牡丹臭木(ボタンクサギ)に茶羽挵(チャバネセセリ)。
茶羽挵は、蛾のように見えるが蝶のなかまである。
目がくりくりしていて可愛い。
口吻が触角の間で丸まっているのが見える。これを延ばして花の蜜を吸う。
翅を広げてくれるのを待っていたがずっと閉じたままであった。
茶羽挵
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 2000), 1/500sec, F8, 200mm, PL-Filter

藪枯らしに二紋足長蜂2012年08月07日 21時32分21秒

藪枯らし(ヤブガラシ)に二紋足長蜂(フタモンアシナガバチ)。
藪枯らしがあちこちで勢いを増し、今の時期、花を咲かせている。
二紋足長蜂は、スズメバチの仲間であるが、何もしなければおとなしく、例えば洗濯物と一緒にとり込んで間違って叩いたりすると攻撃してくるという。
とても綺麗な模様をしており腹部に2つの黄色い紋(写真では右側しか写っていないが)が名前の由来となっている。働き蜂のようである。
藪枯らしに二紋足長蜂
D700 + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 2000), 1/500sec, F5.6, 200mm, PL-Filter