counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

植物図鑑:辛夷(コブシ)の実2011年07月12日 22時44分14秒

辛夷(コブシ)の実
D700 + 1.4x TELEPLUS MC4 DGX + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 1600), 1/1250sec, F11, 280mm



市川市動植物園内の辛夷の木。
今年の1月、園内の辛夷の実を鵯(ヒヨドリ)が食べに来ていた。
http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/01/15/5638010
http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/01/15/5638027

市川市動植物園:水の中を泳ぐ川獺(カワウソ)2011年07月11日 22時47分19秒

水の中を泳ぐ川獺
D700 + 1.4x TELEPLUS MC4 DGX + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 5000), 1/1250sec, F11, 190mm


暑い市川市動植物園で、元気に泳ぎ回る川獺。

市川市動植物園には60mmと300mmのレンズのみがつづいたので、ズームレンズが1本あると機動性が若干高まる。

昆虫図鑑:熨斗目蜻蛉(ノシメトンボ)2011年07月10日 21時08分25秒

熨斗目蜻蛉(ノシメトンボ)
D700 + 1.4x TELEPLUS MC4 DGX + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 6400), 1/640sec, F11, 280mm


市川市の大町公園、市川市動植物園自然観察園で撮影。
翅の先が黒っぽい。


テレコンバータの実写テストもかねての撮影。MC4 DGXで100-280mm F4のズームレンズになるが、撮影最短距離が変わらないのでズームマクロとしても使える。

りくの耳2011年02月20日 21時10分02秒

りくの耳
D5000 + 1.4xTELEPLUS MC4 DGX + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 2800), 1/400sec, F4, 280mm

DXレンズをFXレンズにするために買ったテレコンバータであるが、レンズの焦点距離が1.4倍になっても撮影最短距離は変わらないことから接写に有利。

りくの目2011年02月19日 23時06分10秒

りくの目
D5000 + 1.4xTELEPLUS MC4 DGX + Tamron SP AF70-200mm F2.8 Di LD (IF) MACRO (A001), auto(ISO 3200), 1/60sec, F8, 280mm

満月を撮る2011年02月19日 00時22分52秒

満月を撮る
D700 + 1.4xTELEPLUS MC4 DGX + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 400), 1/640sec, F16, 850mm

300mmのレンズにテレコンバーターを無謀にも2個つけて850mmにして月を撮る。

開放絞りがF8になるが、オートフォーカスが作動することを確かめて外に出た。しかし、月は意外とのっぺりでオートフォーカスが苦手のようで、マニュアルでピントを合わせる。

三脚のセットが面倒なので手持ちで撮ってみたが、重くて、寒くてすぐに撤退。

DXレンズをテレコンバーターでFXレンズとして使ってみる2011年02月12日 13時37分37秒

AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)とAF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)に1.4x TELEPLUS MC4 DGXを付けてみる。

テレコンバーターは通常、焦点距離を長くするために使うものだが、DX(APS)サイズ用レンズをFX(35mmフル)サイズに使えないかとの発想。

MC4 DGXを付けることで、D700では以下のように認識される。暗くなるが、思った以上に広角になる。
12-24mm F4は17-34mm F5.6 ・・・ オートフォーカス作動。
18-200mm F3.5-5.6は25-280mm F5-8 ・・・ 一応オートフォーカス作動するが、望遠でぎこちなくなる。

結論:
F11で比較したため参考程度の結果だが、いずれのレンズでも、一番広角にしたとき、周辺部で影ができ、画質も低下する。
ブログに掲載するくらいの大きさに編集するのであれば十分。
テレコンバーターを付けたままレンズ交換すると、中にゴミが入らないので安心。
お金がある人は、テレコンバーターより、レンズを買うほうが良い。

D5000 + 12-24mm, 12mm(18mm相当)
12mm(18mm相当)

D700 + MC4_DGX + 12-24mm, 17mm
中心部は、F11の所為かMC4 DGXなしより解像度が改善。
四隅で若干解像度が低下。角はイメージサークルに近い所為かにじむようなボケ。
17mm

D5000 + 12-24mm, 24mm(36mm相当)
24mm(36mm相当)

D700 + MC4_DGX + 12-24mm, 34mm
中心部は、F11の所為かMC4 DGXなしより解像度が改善。
周辺部は、MC4 DGXなしでも、解像度がよくなく、それと同等。
34mm

D5000 + 18-200mm, 18mm(27mm相当)
18mm(27mm相当)

D700 +  MC4_DGX + 18-200mm, 25mm
中心部は、MC4 DGXにより若干解像度が低下。
周辺部では解像度が低下し、四隅がイメージサークルと接し影ができる。
25mm

D5000 + 18-200mm, 200mm(300mm相当)
200mm(300mm相当)

D700 +  MC4_DGX + 18-200mm, 280mm
F11まで絞った所為か、中心部も周辺部もMC4 DGXありなしで大差なし。
280mm
 

DXレンズにTELEPLUS MC4 DGXを付けてFXレンズにしてみる2011年02月08日 21時02分08秒

TELEPLUS MC4 DGX

AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)は、焦点距離18mmぐらいでイメージサークルがFXサイズをカバーする。

http://hot-cat.asablo.jp/blog/2010/02/21/4896563

であれば、テレコンバーターでイメージサークルを大きくすればズーム全域で使えるのではと閃いた。

12-24mmレンズの焦点距離12mmでのイメージサークルの大きさは31.7mmくらい。1.4倍のテレコンバーターをつけると、44.4mmになるはず。FXサイズの対角線は43.3mmくらいだから、FXサイズでも使えるだろう。レンズの明るさはF5.6でオートフォーカスが使える。

実際にケンコーのTELEPLUS MC4 DGXを付けてD700で撮ってみると、絞り開放では、四隅にケラレはないものの、周辺になればなるほど画質の低下が著しい。絞り込めば17-34mmのレンズとして使えなくもない。

AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)でも試してみたが、ケラレがなく25-280mmF5-8のレンズとしてオートフォーカスも使えた。

週末に屋外で実写テストを実施の予定。

写真はD40X+AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G EDで撮影。