counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

三井本館のレリーフ2013年07月02日 22時12分42秒

5月に三井本館の西面のレリーフ4枚だけ撮って(三井本館のレリーフ)そのままになっていたが、今通っている歯科クリニックから見えるので思い出し、残りの8枚のレリーフを撮ってきた。


東面北側
左:算術(地球儀、星、定規、測径器)
右:化学工業(蒸留器、試験管)
三井本館のレリーフ
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 6400), 1/100sec, F8, 135mm, -1.0EV


東面南側
左:絹(紡車、繭、桑)
右:勤勉(蜂の巣)
三井本館のレリーフ
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 6400), 1/160sec, F8, 135mm, -1.0EV


南面東側
左:航空、陸運(翼車、飛行機)
右:財政、為替、財宝の保管、公平(秤、鍵)
三井本館のレリーフ
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 6400), 1/160sec, F8, 80mm, -1.0EV


南面西側
左:商業(ローマ神話の商売の神マーキュリー、杖)
右:海運(錨、舵車)
三井本館のレリーフ
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 6400), 1/160sec, F8, 82mm, -1.0EV

丸石ビルディングのライオン像2013年01月28日 20時46分16秒

千代田区鍛冶町にある丸石ビルディング。
建物のあちこちに彫刻がある。


丸石ビルディングは、会社から近いので、写真をよく撮る。
ライオン像は、もともとはここになかったことを、以前書いた。この裏の川に面してあったという。しかも4体あった。
http://hot-cat.asablo.jp/blog/2012/07/25/6522187


このレンズで撮るのは初めてと思ったが、そうではなかった。その時は暈けが綺麗でなかったが、今回は若干綺麗な暈けが得られた。暈け味は、写真に撮って重要な要素である。


随分と下を見ているが、初めは川に面して置かれたので、川面を見ていたととなると納得いくような・・・。
丸石ビルディングのライオン像
D700 + Reflex-Nikkor C 500mm F8, auto(ISO 4000), 1/1000sec, F8

丸石ビルディング2012年12月18日 23時44分28秒

左手茶色っぽいのが登録有形文化財に指定されている丸石ビルディング。
1枚目の写真の右の建物が千代田区の景観まちづくり重要物件に指定されている山梨中央銀行東京支店。

丸石ビルディングの獅子像については、丸石ビルディングのライオン像 の記事に書いた。

夜の正面玄関は、丸石ビルディング に、過去に記事(写真)は、丸石ビルディング に列記している。

丸石ビルディング
D700 + Ai Nikkor 180mm F2.8, auto(ISO 450), 1/250sec, F8, -0.7EV
丸石ビルディング
D700 + Ai Nikkor 180mm F2.8, auto(ISO 200), 1/250sec, F8, -0.7EV

日本橋富沢町にあるサンライズビル2012年12月13日 21時04分20秒

日本橋富沢町にあるイベントホールのあるサンライズビルの1階ロビー。
以前は、光る床の上まで入れたが、久しぶりに覗いたら立ち入りが制限されていた。
ここに来るたびに、「2001年宇宙の旅」を連想する。
サンライズビル
D700 + Ai Nikkor 20mm F2.8S, auto(ISO 560), 1/60sec, F5.6, -0.7EV

日証館2012年11月30日 21時42分10秒

東京証券取引所の裏にある、日証館。
昭和3年の建物。
この近くの三菱倉庫ビルも同じ頃建てられたが、一部を残して建て替えが進んでいる。


日証館玄関。
日証館
D700 + Ai Nikkor 180mm F2.8, auto(ISO 450), 1/250sec, F4, -1.0EV

丸石ビルディング2012年11月26日 22時02分09秒

登録有形文化財に指定されている丸石ビルディング。昭和の初期の建物。

今は正面の入り口となっているが、竣工当時は中央通りのほうに正面玄関があったという。
丸石ビルディング
D700 + Ai Nikkor 180mm F2.8, auto(ISO 3600), 1/250sec, F4, -1.3EV


入口の上の飾り。
丸石ビルディング
D700 + Ai Nikkor 180mm F2.8, auto(ISO 320), 1/250sec, F4, -1.3EV

東京駅丸の内南口2012年10月04日 22時09分22秒

東京駅丸の内南口。

鉄骨の梁が良い。
東京駅丸の内南口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 2200), 1/60sec, F5.6

北口のとずいぶん違うと思って撮ったがほとんど同じ。
時々、回廊を歩く人が。
東京駅丸の内南口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 1100), 1/60sec, F5.6, -0.7EV

ドーム天井の高さは、ある記事によると30mあるという。
東京駅丸の内南口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 1000), 1/60sec, F5.6, -0.7EV

ドームの中央は、車輪に見える。
東京駅丸の内南口
D700 + Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S, auto(ISO 900)1/60sec, F8, -0.7EV

東京駅丸の内北口2012年10月04日 21時37分54秒

広角レンズを持って、東京駅を撮りに行く。

丸の内北口。
南口と違いがあるのかと思ったがほとんど同じ。
真下から、20mmの超広角でこの感じ。一眼レフ用ではもっと広角のがあるが、ちょっと高い。
先日、中古カメラ屋で広角レンズはないのかと聞くと、あっても直ぐに売れてしまうらしい。
新品は、結構高い。
コンパクトデジカメで24mm相当のがあるようだがこれよりちょっと狭い範囲しか撮れない。
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 1250), 1/60sec, F5.6, -0.3EV

フロアとドームを入れるとこんな感じ。
原画では周辺光量の低下が目立つので最大限に補正したら、全体が明るい感じになった。
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 1400), 1/60sec, F5.6, -0.7EV

上から物が落ちても人に当たらないよう網が張ってある。
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S, auto(ISO 4500)1/60sec, F8


少し人が少なくなったときでこれくらい。様々のカメラで写真を撮っている。
中心部分には不思議なパワーが降りてきているようだ。
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Nikkor 20mm F3.5, auto(ISO 280), 1/60sec, F5.6, -0.7EV

東京駅夜景正面2012年10月02日 23時33分58秒

東京駅正面。
皇居に向かう都道404号線は、不思議にも東京駅の中心とずれ、角度も直角ではないようだ。

都道402号線から少し皇居寄り。
賑わいが分かる。人ごみの中で撮影。
三脚を構えている人もいる。
東京駅夜景正面
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 6400), 1/250sec, F4, 80mm, -2.0EV 

日比谷通りの辺りから。
この辺りに来ると警備の人ぐらいしかいない。
東京駅夜景正面
 D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 6400), 1/250sec, F4, 200mm, -2.0EV 



都道402号線のガードレールのところから(最前列から)。
東京駅夜景正面
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, ISO 3200, 1/125sec, F4, 80mm, -2.0EV 

東京駅夜姿2012年10月02日 22時28分40秒

東京駅の夜景を撮りに行く。
夜景は、三脚を使わず手持ちで撮るとなると、高感度でノイズが生じる分、解像度で補うのもよかろうと80-200mm F4のレンズを付けていく。
というより、昨日使ったレンズをつけたままでかけたので、こうなった。
広角レンズもあればよかったが、望遠ズームならそれを活かして、どう撮るかイメージするのもおもしろい。

東京駅の丸の内側につくと、東京駅見物の人が予想以上に多い。
三脚でカメラを構えている人も少なくはなかった。
熱いねこは、手持ちで撮影。
右手でカメラを持ち、左手はなるべくレンズの先のほうを指で支えるようにしているので、見る人によっては上品に見えるかもしれない。それで脇もぐっと絞める。脇が甘いとぶれる。
撮るときは、息を一時止めている。
撮った後、ブレたと思ったら撮りなおす。
ブレなかったと思ってもブレていることが時々ある。

学生の頃、COMMERCIAL PHOTOという雑誌を時々買っていて、そこに、ニコンF2に105mmF2.5を付けて、モデルと一緒に走りながらファッション写真を撮るニューヨークのカメラマンの紹介があったというのを、少し曖昧だが覚えている。コダクロームを使っていれば、感度が低いので、そんなことをしたらブレないほうがおかしいし、そういう撮り方をする人がいるということが衝撃的であった。因みに、当時のニッコールとコダクロームの相性はとても良かった。

そのコダクロームの色を再現はできないが・・・

北口を北側から
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 5600), 1/250sec, F4, 200mm, -1.0EV 


上と同じところを少し南西の位置から
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 6400), 1/100sec, F4, 80mm??, -2.0EV 


北口の正面辺りから
東京駅丸の内北口
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 2800), 1/250sec, F4, 80mm(だったと思う), -2.0EV 


これは南口を南側から
東京駅丸の内南口
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, ISO 3200, 1/125sec, F4, 80mm(だったかどうかあやしい), -2.0EV 


バスターミナルあn辺りから北口と中央口
東京駅丸の内北口と中央口
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, ISO 3200, 1/60sec, F4, 80mm, -2.0EV 


上の写真の右側の窓を丸ビルの前辺りから
東京駅丸の内北口と中央口の間
D700 + Ai Zoom Nikkor 80-200mm F4S, auto(ISO 6400), 1/100sec, F5.6, 200mm, -2.0EV