counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

りく Riku2014年12月23日 18時41分47秒

りくを撮ったカメラD700は 2008年7月発売、60mmのレンズは2008年3月発売だから、6年くらい昔のモデルである。画素数が手ごろで、今でもサブカメラとして活躍している。2009年11月に買ってから撮った写真は11万5千カットを超えた。レンズは接写用で、開放F値も明るく、室内での猫の撮影には向いている。
りくが我が家に来たのは2010年4月である。我が家で飼う初めての猫である。猫と一緒に暮らせば、四六時中りくの写真を撮るかと予想していたが、実際はそうではなかった。
Camera D700 taken the Riku released in July 2008, 60mm lens is released in March 2008. So, it is the old model about six years. Is not too large number of pixels, and has been working as a sub-camera still. Photo taken from November 2009 was exceeded 115 thousand pieces by D700. Lens is for close-up, open F value is also bright, it is convenient to cat shooting indoors.
Riku came to our house it was in April 2010. He is the first cat of my home. Living with cats, I had been expected to take the photos of Riku all the time, actually it did not become so...
Riku

Riku

Riku

Riku

D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
半角数字で 123 と入力してください。Please enter 123.

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hot-cat.asablo.jp/blog/2014/12/23/7522581/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。