counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

暑気当りにご注意2014年09月01日 21時11分08秒

アーサー・クラークの小説に、ストーリーは忘れたが、宇宙空間を瞬時に移動できる理性だけの生命体がでてくるのがあって、面白く読んだことを覚えているが、そういうものが無いとも言えないような状態になることがある。その小説を読んだ後であれば、同じくアーサー・クラークの2001年宇宙の旅も最後はボーマン船長がモノリスに同化したとも、理性だけの存在に変わったとも思えなくもない。そういう目で周囲を見ると、理性だけの生命体が我々にテレパシーでメッセージを送ったり、目に見える形で何かを伝えようとしている現象があちこちで見られる。

解読が難しいメッセージ。
暗号が隠された縫い目

理性が水面で遊んでいるところ。
夕日が当たると見える水面の模様

ピントが合うはずの雲がボケて写っているのは、見えない力が働いて空間が歪んでいるだけであった。
空中に生じた時空の歪み

猛暑の影響が今頃になって現れてきた。

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

薄荷の仲間2014年09月02日 20時57分36秒

今日は、写真用の額縁探し。昼休みには近くのデパートに行き、帰りには市内の額縁屋に寄った。市内の額縁屋でとりあえず1つ取り寄せてもらうことにした。気に入ればまとまった数を購入することになる。
サイズは、大衣(たいころ または だいころ)。版画版というサイズもあるがその店では扱っていない。

写真は、この前の日曜日に撮ったもの。
道端で撮った薄荷(はっか)の仲間。
葉はペパーミントのようで、花は緑薄荷(みどりはっか、別名オランダハッカ)のようでもある。知っている人が見ればどうということないのだろうが、素人には薄荷の仲間の鑑別は難しい。
以前、アップルミントらしいものや、日本薄荷を見かけたがそれらとは別のようだ。後から思えばにおいをかいでおけばよかった。
薄荷の仲間

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

日本橋室町の福徳神社2014年09月03日 20時43分21秒

昼休みに出かければ良かろうと思うのだが、億劫さが勝ってしまう。億劫さを楽しんでいる向きもある。
退社後は、勢いがつくので、少し足を出す向きを変えれば良い。
完成間近の福徳神社。拝殿と本殿が一体で、一の鳥居が一つ。鳥居をくぐると、灯篭があり、3,4段の石段を上がり拝殿の正面に出る。右手に手水舎があり、狛犬は拝殿のすぐ前にある。というのが、フェンスに貼られた完成予想図でわかる。
鳥居の朱ができたてで綺麗である。拝殿の屋根も葺いたばかりで赤味を帯びている。

福徳神社


福徳神社

福徳神社

工事中の新社殿と道路を挟んだ向かい側に仮社殿がある。
福徳神社
横から。
福徳神社

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

個展開催予告2014年09月04日 20時34分27秒

個展の日程と場所が決定。
日時:2015年2月9日(月)~14日(土)11:30~19:00(最終日17:00)
場所:木ノ葉画廊 東京都千代田区美倉町12
最寄駅:神田駅、新日本橋駅、三越前駅

日本橋室町2014年09月06日 00時33分16秒

日がだいぶ短くなり、都心のちょっとした草むらでも虫の音が聞こえる季節になった。今年の中秋の名月は9月8日だという。月の出は17:54、日の入りは17:55。北大のサイトで計算してみた。

今日は人形町バンドの練習日。来週木曜日に慰問演奏しに行くというので、その練習を聞いていた。
そこへは、まっすぐ向かうことは少なく、今日も、日本橋の辺りを小さく旋回してから向かう。


三越。ピントはタクシーに合わせてみた。
三越

日本橋の橋の上。
日本橋

三越新館の入り口。自動ドアで、すぐに顔が隠れてしまう。
三越

三越のイルカ。
三越

ミカド珈琲店のモカソフト。
ミカド珈琲店

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

自宅静養2014年09月06日 14時08分30秒

天気の良い土曜日であるが、昨晩2時半ごろから1時間くらい激しい腹痛に襲われ、落ち着いたものの自宅でのんびりと過ごすことにした。
腹痛があると、時間を遡って食べたものを思い出していく。同じものを食べた人がいれば、同じようなことになっているのか、自分だけ抵抗力が弱っているのかなどと考えてみる。
激しい痛みとともに、全身からものすごい量の汗が出てくる。もうお仕舞かと一時は観念したが、下痢をしているわけでもない。暑さがぶり返したとき起こりやすい食中毒ではなさそうである。
1時間ほどして痛みは軽くなるが、翌日に出かける用事を思い出し、寝ようとするが、今度は、なかなか寝付けない。朝は遅くに目をさまし、もう一度発症までを振り返ってみると、夜間に冷たいものを摂ったために胃痙攣を起こしたようであった。
小学生の頃、胃痙攣をおこした記憶もあるが、どんな痛みだったかは覚えていないものだ。

マンデビラの花の上に負飛蝗(おんぶばった)。
マンデビラの花に負飛蝗

満開の玉簾(たますだれ)。
玉簾

D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)

浅草で月見2014年09月09日 22時34分03秒

北大のサイトで調べたら、月の出が東京スカイツリーに重なるのは吾妻橋となった。月はのぼりながら南に移動するので吾妻橋の北側に行けばスカイツリー越しに撮れると予測していたものの、雲で見えそうもない。
しばらく浅草寺辺りをぶらぶらし、人力車のお兄さんと話をし、もう一度吾妻橋に行くと人だかり。月が見えている。しめた。

水上バス乗り場の少し北側から撮影。月だけとっても面白くないのでスカイツリーをシルエットに入れてみた。
9月9日の月
400mmで撮影し1600mm相当にクロップ

月は思った以上に明るい。スカイツリーに露出を合わせると真っ白になってしまうので、暗めに設定する。
月に雲がかかると、若干月が暗くなるので
満月
400mmで撮影

D800 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

浅草散歩2014年09月09日 22時50分54秒

月を撮るために望遠ズームの重たいレンズを久しぶりに付けた。浅草では観光客に見えるようにすれば写真を撮りやすいだろうと思っている。気持ち的には十分になりきっているのだが傍目からはどうだろうか。

ビールの泡の向こうに頭をのぞかせる東京スカイツリー。この時点では東の空に雲がかかっているように見えた。
東京スカイツリー

雷門前を疾走する4台の人力車。何枚か撮ったがピントが合いぶれていないのはこの1枚だけ。
人力車

浅草寺大香炉。
浅草寺大香炉

雷門。
仲見世雷門

雷門脇のお店。
招き猫に招かれて

赤招き猫。
招き猫に魅せられて

雷門脇のお店。
風鈴

アサヒスーパードライホールに映る浅草の明かり。
アサフ スーパードライホール

イーストタワーに映るスカイツリー。月はイーストタワーの陰にあった。
虚像スカイツリー

D800 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR

二科展2014年09月10日 21時24分36秒

知っている人が今年も入選したというのだが、今年は、なかなか都合がつかず、水曜日5時から30分ほどで二科展の会場を通り抜ける。中でも、彫刻の部は、毎年楽しみにしている。

ロビーの写真と猫の居る作品。
国立新美術館

向こうを人が歩いているのでなく、ガラスに映った虚像。
国立新美術館

国立新美術館

何層にもあるキャットウオーク。
国立新美術館

新人奨励賞 与島雪:はじめまして(楠)(知人とは別の方)
新人奨励賞 与島雪 はじめまして 楠

D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

緑豹紋蝶2014年09月15日 09時43分02秒

緑豹紋蝶(みどりひょうもん)。
後翅の裏が緑がかるのでこの名前があるというがこれらも写真ではよくわからない。
写真は、焦点距離400mmで撮って、長さで半分切り抜いているので800mm相当になる。
テレコンバーターで2倍にすると、開放絞りはF11となり、カメラのオートフォーカスが使えなくなり、解像度も低下してしまう。それで、テレコンバーターを使う代わりに900万画素に切り抜いて1200×800ピクセルに縮小している。…とはいっても、実際にテレコンバーターを付けて試しているわけではない。

緑豹紋蝶

緑豹紋蝶

緑豹紋蝶

D800 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR