counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

床屋さんの紫陽花と猫2013年06月03日 20時40分36秒

今年の気候は、体内の暦を狂わせているのか、気が付いたら紫陽花の花をあちこちで見かける。

床屋さんの入り口脇の紫陽花が見事に咲いていた。
紫陽花
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 560), 1/250sec, F8
紫陽花
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 1000), 1/250sec, F8

床屋さんの猫。
床屋さんの猫
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 6400), 1/125sec, F8

日本橋散歩2013年06月05日 00時19分22秒

歯の治療が終わって、外に出ると、オレンジ色に染まる空がビルの間から見えて、それならばとビルの壁面に映る夕焼けを探して日本橋室町辺りを散歩する。

奈良 まほろば館が入っているビルの窓が一つだけ開いていた。
日本橋界隈
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 1250), 1/250sec, F5.6, 200mm, -1.0EV


道路元標のところにある街灯。ここが一番に点灯。
道路元標のあたり
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 1600), 1/250sec, F5.6, 200mm, -1.0EV


西川のビルに映るスプーン。
西川
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 1250), 1/250sec, F5.6, 200mm, -1.0EV


再開発が進む日本橋室町。YUITOビルだろうか、夕日を優しく反射している。
室町
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 1100), 1/250sec, F5.6, 200mm, -1.0EV


日本橋北詰交差点から神田方面の夕空を見る。
日本橋北詰
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 1100), 1/250sec, F5.6, 70mm, -1.0EV


三井本館から妙に赤い明かりが見える・・・
三井本館
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 4000), 1/250sec, F5.6, 200mm, -2.0EV


夕焼け空が映って見えるが、数歩進むと
室町
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 900), 1/250sec, F5.6, 200mm, -2.0EV


夕空だけでなく、ガラスの壁面に映りこむビルが超次元的に見えてくる。
室町
D800 + AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF), auto(ISO 2000), 1/250sec, F5.6, 140mm, -2.0EV

大透翅蛾2013年06月08日 09時47分47秒

大透翅蛾(おおすかしばが)、スズメガ科。
翅が透明なので、蜂のようにも見えるが蛾のなかま。
翅の付け根に白っぽ粉のようなものが見えるが鱗粉で、羽化直後は、翅の全面についている。
ホバリングして花の蜜を吸うのだが、体の割に翅が小さく、高速で翅を動かすために鱗粉が落ちてしまうらしい。
大透翅蛾
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 3600), 1/250sec, F8
大透翅蛾
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 2500), 1/250sec, F8
大透翅蛾
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 5000), 1/250sec, F8


写真用の外付けハードディスクが満杯になってしまい、これ以上分散して保存は管理が面倒と思い、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、8TBのを購入。RAID 1に設定し、ミラーリングでデータを保存している。USB3.0なので早い。全部保存して半分くらい使用。しばらくは、これでやっていけそう。

揚羽の蛹2013年06月09日 19時23分27秒

猫の草(燕麦:えんばく)の食べ残しを、庭に植えておいたら、60cmくらいに伸びて、花が咲き、実が付いて黄金色になってきた。今日、2回目の収穫で、刈っていると茎に並揚羽(なみあげは)と思われる蛹が付いている。
体が緑色なのは、茎が緑だからで、保護色になるようである。
去年は、蛹になった黒揚羽 を撮っていたが羽化は見逃してしまった。
腹部の黒いところが気になる。ほかの虫が寄生しているのでなければよいが。
揚羽の蛹
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, ISO 100, 1/200sec, F8, speedlight

揚羽の蛹2013年06月12日 20時15分06秒

6月9日に見つけてきた並揚羽の蛹に変化が見られた。
今週末に羽化すると予想しているが、定かでない。
羽化直後は無防備だろうから、うちの猫に食べられてしまわないようにしなければならない。
庭に戻しても場所が悪いと鳥に食べられてしまう。

・・・金網のざるで虫かごをつくり収納。

拡大するよう写真を貼り直し
揚羽の蛹
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, ISO 100, 1/200sec, F8, speedlight

大和小灰蝶(やまとしじみちょう)2013年06月16日 20時43分19秒

大和小灰蝶(やまとしじみちょう)。一番よく見かける小灰蝶のひとつ。
小さな蝶で、翅の裏側は写真のように地味だが、雄の翅の表側は青色できれいである。
幼虫は、片喰(かたばみ)を食べるというが、我が家の庭には、何種類かの片喰がいたるところに生えている。
小灰蝶の表記は中国語に由来しているとのこと。貝の「しじみ」に似ているという説明もある。

姫金雀枝(ひめえにしだ)で交尾しているところ。
雄は腹を曲げて交尾するため細い、と言うので、おそらく上が雄。
大和小灰蝶(やまとしじみちょう)
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 220), 1/125sec, F8


その雄の顔。
大和小灰蝶(やまとしじみちょう)
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 280), 1/125sec, F8

べつの日に撮った大和小灰蝶。
大和小灰蝶(やまとしじみちょう)
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 360), 1/125sec, F8

雪隠肉蝿(せんちにくばえ)2013年06月16日 21時49分56秒

雪隠肉蝿(せんちにくばえ)。
良く見かける蠅だが、まじまじと見たことがない。

雨上がり、姫金雀枝(ひめえにしだ)の葉の上でじっとしているので撮ってみた。
背の縞模様がなかなかイカしている。
雪隠肉蝿
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 560), 1/125sec, F8

南天の花2013年06月16日 21時55分22秒

接写をできるレンズがあると、身近な風景が、がらりと変わる。

南天(なんてん)の花。
南天
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 1400), 1/125sec, F8

南天
D800 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 560), 1/125sec, F8

銀座に行く2013年06月17日 20時51分56秒

カメラのローパスフィルターにごみがついてしまった。
南天の花を撮ったとき、画面の左上角から四分の一くらいのところごみが写っているのに気づいた。
雲一つない真っ青な空を撮るとすぐに見つかる。木の葉など細かい柄になっていると目立たないし見つけにくい。
写真の現像ソフトの修正ブラシで簡単に消せるが、余計な作業はないほうが良い。
ブロアの空気圧で大体のごみが吹き飛ばせるのだが、今回のはしぶとい。お手上げであった。
ローパスフィルターのクリーニングをしてもらおうと、会社の昼休みに銀座のニコンのサービスセンターにカメラをあずけ、夕方引き取りに行く。
そのカウンターは2階。1階では最新のレンズを自分のカメラにつけて試し撮りができる。


今、気になるレンズは AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)のスリムさに比べると茶筒みたいに寸胴だが、実際にもってみると、程よい重さで気にはならない。

写真はショウルームのガラス越しのでんぱつビルの鉄塔。
焦点距離400mmで絞り開放でガラス越し。
雑な構えでも手ブレ補正がよく効いていてるが、ガラス越しの所為か、解像感は期待したほどではなかった。・・・ガラス越しでも結構よく写っているのかもしれない。
オートフォーカスが早い。24-70mmに比べると2倍くらい早いような感じがする。
望遠側で、糸巻形の歪曲収差が少しあるが気にならないくらいである。
80-400mm
D800 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, auto(ISO 100),1/250sec, F5.6, 400mm

焦点距離80mmでなるべく近くを撮ってみた。樽形の歪みがあるような気がする程度。
80-400mm
D800 + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR, auto(ISO 1250),1/125sec, F8, 80mm


24-70mmに付け替えて銀座の街に飛び出す(家に帰るだけであるが)。
綺麗になったかメラで銀座六丁目交差点。左後ろにライオンがあり、この脇の道を2ブロック行くとニコンのサービスセンターとショウルームがある。
銀座六丁目交差点
D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED, auto(ISO 100), 1/250sec, F5.6, 24mm


来る途中で気になっていたカメラがなくて撮れなかったユニクロ。
ユニクロ銀座店
D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED, auto(ISO 560), 1/125sec, F5.6, 24mm


銀座四丁目交差点。西の空がさっきから気になる。
銀座四丁目交差点
D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED, auto(ISO 250), 1/125sec, F5.6, 24mm

神田2013年06月18日 21時28分48秒

日本橋本町にある会社から、秋葉原は近い。
洗濯機と電子レンジも買い替えてもおかしくないくらい使っているので、水回りのリフォームに合わせて、ヨドバシカメラに寄り道した。


この辺りは、JR神田駅の北側であるが、長いこと工事が続いている。
神田駅が綺麗ななるようで、新幹線も防音工事がされるらしい。
この辺りは、煉瓦の高架が残っており、東京駅みたいに煉瓦造りの良さを残してほしいものだ。

ビルの窓が1枚開いているのが何とも言えない。
神田
D800 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED, auto(ISO 500), 1/125sec, F5.6, 24mm, -1.3EV