counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

本町交番近くの神田美倉町の公園にある木蓮の狂い咲き2012年06月21日 20時13分10秒

本町交番近くの神田美倉町の公園にある3本の木蓮のうち1本に花がいくつか咲いていた。
ちらほらなので、4月の時のような華やかさはなく、人目も引かない。

木蓮は狂い咲きしやすいという。返り咲きとも言われる。
自宅にある藤も毎年狂い咲きを欠かさない。
落葉樹の場合、花芽ができたあと、葉で成長抑制ホルモンがつくられ、開花を抑えている。秋に葉が落ち、成長抑制ホルモンが寒さで壊され、暖かくなると花芽が成長し開花する。
ところが、葉が台風などで、ばっさりと落ち、成長抑制ホルモンが届かず、異常な暖かさになると、春がやってきたと勘違いし時期でもないのに花を咲かせる。

自宅にある藤も、鬱蒼としてしまい、秋に大量の黄葉を落とし掃除が大変なので、時々、空が透けて見えるくらい新しい枝をばっさり切ることがあり、これも影響しているかもしれない。今年は観察してみることにする。
木蓮狂い咲き
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 640), 1/125sec, F8, 300mm

大江戸朝夕2012年06月21日 21時04分20秒

いつも通る昭和通り。
うなぎ割烹の老舗。大江戸の弁当は何度か食べたことがある。
店の周りのちょっとしたところに植木があり、角には柳の大きな木もある。
今の時期は、赤いモミジ(野村モミジ?)の葉が鮮やかで、紫陽花が季節を感じさせる。

朝の大江戸。
大江戸朝
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 1000), 1/125sec, F8, 28mm

夕の大江戸。
大江戸夕
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 6400), 1/80sec, F8, 28mm

写真は、大体同じ絵になるようクロップ。

柿の種2012年06月21日 23時45分27秒

知り合いから7種類の柿の種が届いた。
柿の種には、ピーナッツが混じっているものが普通だと思っていたが、このなかで入っているのは手前右のチーズ柿の種だけである。チョコでコーティングしたものも意外と美味しいが、熱いねこは昔ながらのが好きである。
とりあえず記念写真。
目の前にあると食べたくなるもので、まずは、「激辛わさび味」を。
それほど辛くはないと思っていると、数個に1個が当たりのようで、数個分の辛さをまとめて味わえるようになっている。品質にばらつきがあるなどと言うのは野暮である。この当たり外れがまた後を引く。今晩は2個の当たりでとめておく。
柿の種
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, ISO 200, 1/200ec, F8, 外付けストロボを天井にバウンズ

蛇足になるが、はじめ、左から直接ストロボ光を当てて撮ってみたが袋の質感に落ち着きがない。バックも暗くなってしまう。天井にバウンズしてみると、明かりがまわり込み、後ろの椅子の籐の背もたれも明るく写ってくれた。
蛇足ついでに。後ろの椅子の籐は2回張替えをしていて、2回目は2009年10月、東京スカイツリーの近くの小峰ラタンで、その頃の東京スカイツリーの高さは、まだ174mだった。