counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

ギャラリー☆シュテルン店内探訪2012年06月20日 20時29分35秒

ギャラリー・シュテルン店内。
店は、東側が道路に面し、出窓になっている。
奥の北側にも窓があるが、自然光が沢山入るのは東側の出窓からで、北側の窓とあわせても奥半分は人工照明に頼る。その人工照明は白熱球が中心。
人間の目は、色々な色温度の明かりであっても、元の色を認識できるが、カメラは、黄色味を帯びたり青味を帯びたり、目で感じたとおりに再現してくれないことが多い。

いつも疑問に思うことがある。
ギャラリー・シュテルンの店内の商品の配置についてである。
自分の家で、小物の写真を撮ろうとすると、配置を色々と変えなければならない。
ギャラリー・シュテルンでは、一見雑然としているようで(失礼)、写真に撮ると様になっている。
雑然として見えているが、実は演出されているのではないか。
とは言っても、真実は謎のままにしておきたいギャラリー・シュテルン。
ボタンの目の猫
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 6400), 1/100ec, F8

500円玉を入れると4万円くらい入りそうな貯金箱。右後は大きな猫には10万円くらい入るだろうか。
招き猫型貯金箱
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 560), 1/125ec, F8

見返り猫カップ。
見返り猫
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 3600), 1/125ec, F8

ビーズのアクセサリー群。
ビーズの猫
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 2800), 1/125ec, F8
ビーズのブレスレット
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 6400), 1/125ec, F8
紫陽花
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 2800), 1/125ec, F8