counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

東京駅赤煉瓦夕刻散歩2012年05月31日 21時31分15秒

工事の覆いが取れたようなので、会社の仕事が終わってから、東京駅見物に出かける。
耐震構造にするだけでなく、創建当時(大正3年)の姿に戻されるというので、気持ちはスキップしながら向かう。
赤煉瓦と花崗岩(白いところがそうだと思うのだが)のコントラストが美しい。
煉瓦は、よく見ると、煉瓦の小口を千鳥に積んだドイツ積みである。
因みに、法務省の煉瓦棟(明治28年)もドイツ積みである。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 500), 1/125sec, F8, 62mm, -1.0EV

下の方に古い煉瓦が残る。屋根や上層階の外壁の銅が、まだ、赤銅色を残しているが、いずれ緑青になるのだろう。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 360), 1/125sec, F8, 72mm, -1.0EV

100年近く前にこのようなデザインでこれほど大きな建物を作ったとは驚きである。
この辺りの地盤もよくなかったはずである。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 360), 1/125sec, F8, 30mm

全容がなかなか見えない。断片的に撮って頭の中で繋ぎ合わせる。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 1000), 1/125sec, F8, 70mm

正面の道路も綺麗に整備された。
熱いねこは、京橋から茗荷谷に急ぐとき、タクシーに乗ったは良いが、その右手の信号でしばらく待たされ、馬車が東京駅に向かうのをゆったりと眺めていたことがあった。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 220), 1/125sec, F8, 24mm

赤銅色が残る。
東京駅
D700 + AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF), auto (ISO 800), 1/125sec, F8, 85mm