counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

蛇苺(ヘビイチゴ)2012年05月23日 21時19分38秒

市川市のとある公園で蛇苺をみつけた。美味しそうに見えるが、味はないという。毒もないという。
バラ科の植物。匍匐茎で横に増える。
黄色の花も咲いていた。
蛇苺
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/320sec, F8
蛇苺
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 800), 1/125sec, F8

春紫菀、姫女菀2012年05月23日 21時48分38秒

春紫苑(ハルジオン)と姫女菀(ヒメジョオン)。
名前も、花も似ている。
茎の上の方に付く葉の付け根が広いのが春紫苑、細いのが姫女菀。蕾が項垂れがちなのが春紫苑、茎が中空なのが春紫苑というが、これらの写真では分からない。
熱いねこ的には、花弁が糸のようなのを春紫苑、少し巾があるのを姫女菀としてみた。

春紫苑
春紫苑
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/400sec, F8

姫女菀
姫女菀
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/400sec, F8

猫の目には春紫苑がこんな風に見えるはず。色はどんな感じになるのか。
猫の目視線で見た春紫苑
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/1250sec, F5.6

弱草藤(ナヨクサフジ)2012年05月23日 22時02分57秒

江戸川のあちこちで見かけた弱草藤(ナヨクサフジ)。
上の花弁が反り返っているので弱草藤とした。
弱草藤 ナヨクサフジ
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/400sec, F8

野茨(ノイバラ)2012年05月23日 22時08分21秒

野茨。
ノイバラのバラは薔薇かと思っていたら、イバラの茨であった。

江戸川河川敷で、こんもりと育っていた。
野茨
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/400sec, F8

市川市の大町公園のバラ園で撮影。薔薇の足元に咲いていた。
野茨
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/1250sec, F8

烏麦2012年05月23日 22時19分56秒

烏麦(カラスムギ)。
江戸川の河川敷に群生していた。

猫の草の食べ残しを庭に植えたらもうじき花を咲かせそうにまで伸びた。
燕麦の写真も間もなく撮れる。

黒っぽい種が見えているが、その先のひげが曲がっているのがなんとなく分かる。
烏麦
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/640sec, F8

江戸川と彼方に見える東京スカイツリー。
烏麦
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/1600sec, F8

箆大葉子2012年05月23日 22時28分52秒

箆大葉子(ヘラオオバコ)。
これも江戸川河川敷で撮影。
穂の下から上に花が順に咲いていく。
箆大葉子
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/500sec, F8

夕化粧2012年05月23日 22時32分19秒

夕化粧(ユウゲショウ)。
外環の建設現場の近くで撮影。
どこかで見たような感じはしていたが、以前に別のところで撮ってブログにも掲載していたことを忘れていた。 http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/09/11/6099924
いろいろと想像が膨らむ名前である。
掃溜菊 http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/08/26/6073855 とか
屁糞葛 http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/08/01/6004568 と比べたら雲泥の差、天と地の差がある。

雌蕊が十字になっている。
夕化粧
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/800sec, F8

幅員減少2012年05月23日 23時05分44秒

外環道路の建設前場。
ちょっと昔、この辺りには大きな黒松が何本もあって、道路にせり出し幅員を減少させ、市川市の景観の一つを作っていた。
幅員減少
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/1250sec, F8
幅員減少
D700 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/1000sec, F8

高砂橋の辺り2012年05月23日 23時29分25秒

ギャラリー・シュテルンから、青砥駅、高砂橋、ちょっと回り道で高砂駅に出る。
市川のアイリンクタウン展望台から、高砂橋が見える。この辺りの写真。
http://hot-cat.asablo.jp/blog/2012/02/27/6349349



蛇行する中川。堤防の上の緑の柵が続く。
高砂橋から青砥橋方面
D700 + Reflex-Nikkor C 500mm F8, auto(ISO 360), 1/1000sec

新金貨物線。
フェンスの網にレンズの先端をつけて撮ると、全体白っぽくなるが網が分からなくなる。
新金貨物線
D700 + Reflex-Nikkor C 500mm F8, auto(ISO 1100), 1/1000sec

高砂橋から高砂駅に向かうと道が少し左に曲がるので、歩道からでも橋の正面から撮れる。
橋から600~700mぐらいのところから500mmの望遠で風景を前後に圧縮する。
高砂橋
D700 + Reflex-Nikkor C 500mm F8, auto(ISO 400), 1/1000sec