counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

花弁が6枚の山吹草2012年05月03日 22時11分23秒

丁度1年前に撮影して、名前が分からなかったまま、気にはなっていたので、「この花は?掲示板」で教えてもらった。
調べるとき、花の色、花の付き方のほか花弁の枚数も重要な手懸りになるのだが、稀に花弁の枚数が多いことがあるので、それにこだわると分からなくなる。
普通は花弁が6枚のところ8枚の花韮も http://hot-cat.asablo.jp/blog/2012/04/30/6430628 最近見かけた。

ケシ科の山吹草(ヤマブキソウ)、花弁が6枚。
似たような花の山吹は、バラ科で花弁が枚。
花弁が6枚の山吹草
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 1100), 1/200sec, F8, 85mm

上の山吹草の近くには、花弁が4枚の普通の山吹草が。
普通の山吹草
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 6400), 1/200sec, F8, 100mm

垣通2012年05月03日 22時34分52秒

垣通(カキドオシ)。
この時期に花が咲く。
シソ科。
以前は構わず撮っていたが、ボタニカルアートに刺激されたのか、撮り方が変わったような気もする。気のせいかもしれないが。
垣通
D5000 + AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G ED, auto(ISO 200), 1/400ec, F8

新緑の白幡神社2012年05月03日 23時16分02秒

市川市宮久保にある白幡神社の新緑。
鳥居の起源は古く、宮城谷昌光の商(殷)の終わりから周の始まりにかけての時代が舞台となる「太公望」に鳥居の記載があったように覚えている。
ネットで調べると、鳥居の原型は、殷王朝の宮殿の魔よけの門だという記事と、日本古来のものであるという記事がある。

白幡神社二の鳥居。普通は入口から一の鳥居と順に呼ぶが、神社によっては逆のこともあったりするようだが。
白幡神社の赤い二の鳥居
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 1000), 1/500sec, F8, 300mm

三の鳥居。
白幡神社三の鳥居
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 900), 1/500sec, F8, 300mm

蒲公英2012年05月03日 23時42分58秒

ヒマワリとか、アサガオは、わかりやすい名前であるが、不思議な響きのあるタンポポの名前は、由来が気になる。
漢方の蒲公英(ホコウエイ)は開花前の乾燥物でこれを漢字に当てている。
日本語のタンポポについては、「タンポポの観察」http://www.geocities.jp/tampopo7007/index.html に 名前の由来の記載があるが諸説あって、それらが融合したのではないかと想像したくなる。
蒲公英
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 320), 1/500sec, F8, 28mm