counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

市川市動物園小熊猫メイファ・イチ丸親子2011年02月07日 22時24分36秒

レッサーパンダは、猿山の猿よりも近くから撮れる。
焦点距離600mmともなると、被写体を追うのが大変で、ブレたり、ピントがとんでもないところに合ったり結構難しい。それにレンズを支える腕が疲れる。

イチ丸。
市川市動物園小熊猫イチ丸
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 360), 1/250sec, F5.6, 600mm

メイファ。なんだか微妙にピントが甘い。絞り開放なので、被写界深度が浅い。
この条件でレッサーパンダまでの距離を5mとして被写界深度を計算すると、前後1cmずつ、4mとしたら6.5mmずつで、ピント合わせに高い精度が求められる。
イチ丸の母小熊猫メイファ
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 1100), 1/250sec, F5.6, 600mm

昼寝を楽しむ狸2011年02月07日 22時50分04秒

昼寝を楽しむ狸
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 200), 1/250sec, F6.3, 600mm

夜行性の狸。昼間は活動的に動きまわる姿をなかなか見れない。舌出し狸を撮りたいものだが。
ちなみに、舌出し洗熊、

http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/01/15/5638040

舌出しレッサーパンダ

http://hot-cat.asablo.jp/blog/2011/01/02/5620615

は撮れている。