counter restart 7-jan-2011 now:

動画



















「麒麟之翼」の表紙

2012年11月1日 獨歩文化から出版された「麒麟之翼」中国語翻訳版の表紙に熱いねこ撮影の写真が採用された。

http://www.books.com.tw/activity/2012/10/KW/

植物図鑑

今までに撮った写真で植物図鑑を作ろうとしているが、結構大変。270種くらいだが、科に分けたり、写真が気に入らなくてもう一度古い写真から探して来たり、名前が間違っていたり… http://hot-cat-flora.blog.so-net.ne.jp//

ブログを分けました

アサブロに何でも掲載していて収拾がつかなくなってきたので、カメラとコンガに関する記事をもう一つのブログに掲載しようとしています。
http://hot-cat.blog.so-net.ne.jp/

カテゴリ一覧

熱いねこの名前の由来と歩み

熱いねこの名前の由来
携帯電話を初めて持った時、暫くして、迷惑メールがしょっちゅう届くようになり、メールアドレスを変更することとなった。アドレス中にBlue Catを使いたかったのだが既に使われているものが多く、Hot DogをもじってHot Catを仕方なく使うことにした。
その後、ブログを立ち上げる際、Hot Catでは芸がないので、日本語にし、当時の楽しみだった太鼓と写真を取り入れブログタイトルとした。タイトル名がもととなって、いつしか、熱いねこと称するようになった。いまさら名前を変えるわけにも行かず、現在に至っている。
暑いねこ、熱い猫は間違い。

古い記事を削除しています Old articles are eliminated.

2009年9月以前の記事は削除しました。
An article before September, 2009 was eliminated.

RSS

床屋さんの猫2011年02月01日 20時11分13秒

いつも行く床屋さんの猫。
カメラがあまり好きでないようだが・・・
細面の床屋さんの猫
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 200), 1/125sec, F4, 28mm

背景が妙に綺麗にボケている。
しなやかな足取りでこちらに向かって来る
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 2000), 1/125sec, F4.5, 60mm

やっぱり猫は高いところが好き
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 1600), 1/125sec, F6.3, 300mm

床屋への行き帰りに白鶺鴒(ハクセキレイ)2011年02月01日 20時22分09秒

雀ほどでないが、良く見かける白鶺鴒(ハクセキレイ)。
300mmではちょっと望遠が足りない。
春木川の白鶺鴒(ハクセキレイ)
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 200), 1/400sec, F10, 300mm
マンホールの蓋の上で遊ぶ白鶺鴒
D700 + Tamron AF28-300mm F3.5-6.3 XR Di LD Aspherical (IF) MACRO (A061), auto(ISO 200), 1/320sec, F9, 300mm

市川市動物園の猿山の猿と目が合う2011年02月01日 23時05分32秒

600mmの望遠で覗くと、猿とお友達なったような近さである。
上の2枚は散在していた茶色の塊を掃除してみた。
こちらを見ながら微笑んでいるような猿
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 200), 1/250sec, F5.6, 600mm
小猿がこちらを見ている
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 320), 1/250sec, F8, 600mm
鎖の橋を渡りながらこちらを見る猿
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 280), 1/250sec, F8, 600mm
仲間と勘違いしてこちらを見る猿
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 200), 1/320sec, F8, 600mm

市川市動物園の猿山の猿と目が合う その22011年02月02日 20時22分26秒

猿たちを見ていると楽しい。
猿たちも、熱いねこを見て楽しんでいるに違いない。
ドアノブで遊ぶ小猿と目が合う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 4500), 1/250sec, F8, 600mm
絶壁に座る猿と目が合う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 2500), 1/250sec, F8, 600mm
ドアの格子で遊ぶ猿と目が合う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 2200), 1/250sec, F8, 600mm
歌う猿と目が合う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 450), 1/250sec, F8, 600mm

人気の縞馬2011年02月02日 20時54分53秒

人気の縞馬
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 220), 1/250sec, F8, 600mm

縞馬の背中の様子から、踵のあたる高さから、子供たちに人気のようだ。

神田美倉町の木ノ葉画廊で「日だまり猫展」2011年02月02日 23時03分40秒

神田美倉町にある木ノ葉画廊で、2月14日(月)から26日(土)まで
日だまり猫展-街ネコ 家ねこ 癒しねこ- が開催される。20日(日)はお休み。
詳しくは http://www.konoha-g.jp/ で。

歌う猿2011年02月04日 21時51分07秒

市川市動物園の午後の猿山。
手長猿の歌も、初めて聴いたときは、ただ吼えているようであった。
日本猿も同じではないかと勝手に想像する。
猿が歌う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 2500), 1/250sec, F8, 600mm
そして目を閉じ
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 3200), 1/250sec, F8, 600mm
また歌う
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 2500), 1/250sec, F8, 600mm

キャットタワー修理前編2011年02月05日 22時34分50秒

5月に作ったキャットタワー。
麻テープがボロボロになったので1回重ねて巻いたが、酷使に耐えず、あっという間に、無残な姿になってしまった。

5月作成の様子。
http://hot-cat.asablo.jp/blog/2010/05/22/5106608

壁から取り外した状態。
5月に作り1回テープを巻きなおしたが酷使に耐えないキャットタワー

猫の視線ではこんな感じか。
麻テープは安いが耐久性がなくボロボロになってしまった

麻テープでなく、だいぶ高くなるが、今回は耐久性を考え、麻ロープを巻くことにする。
直径10mm長さ200m。計算では、1周50cmで200回巻くと100mで足りるが、丁度良い長さのが見つからない。直径12mm長さ30mであれば3本で足りるが、その金額で200mが買えてしまう。
造園に使うものらしい。これで12000円。巻き終わってから残りを量ると8kg。
梱包を解くとき、掌に麻のとげを刺してしまった。仕上げにサンドペーパーをかけるが、思うように表面のささくれが取れるだろうか。
直径10mm長さ200mの麻ロープは14kgもある

麻テープを剥がす。所々、木工用ボンドでつけてあった跡が残る。
ステップは外せるようにしておいた。
結構雑な仕上げで、性格が良く出ている。
麻テープを剥がすと中からミイラが出てきたりして

迷った末、下から巻き上げることに。
迷った末下から巻き上げることに


巻く回数、厚さ(耐久性への期待)から直径10mmの選択は正解であった(と思わないと作業がつらくなる)。

麻ロープは硬く、巻きつけただけでは面の中ほどが浮き上がってしまう。
金槌で角の近くをたたきながら巻いていくと、角に馴染んで、浮き上がりが少なくなる。
ロープの間に隙間ができないよう、時々、金槌で詰めて釘で所々押さえておく。
最終的に205段巻いたが、手間が結構かかり、日が暮れてしまっても作業は終わらなかった。
金槌でたたいて馴染ませながら巻いていく


ステップが付くところはどうしょうか・・・折り返すことにした。
ステップが付くところはどう処理しようか腕を組む
以上、D40X + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G

明日に続く。

キャットタワー修理完了2011年02月06日 10時56分50秒

昨夜のうちの麻ロープを巻いておいたので、今朝は、気持ちが楽。
表面に軽くサンドペーパーをかけたがあまり効果はない。
むしろ、毛羽立ってしまった。
支柱に麻ロープを巻き終えサンドペーパーをかける

天辺に、取り付け用の板をつける。壁でなく、窓の木枠(大きなサッシなので5cmくらい出っ張っている)に固定。ボルトは左右のふらつきを抑えるために壁と三角形に固定する板をとめるためのもの。
その板を後でつけられるよう改善するために写真のようにボルトを固定。
手もとに、袋ナット(ドーム状の頭がついたもの)しかないため、金鋸で切り落とす。
取り付け用の板を装着

水準器で垂直に調整して固定。りくを乗せてみる。
爪の引っかかり具合が良い。
しかも麻ロープの撚った目が綺麗に見える。
ロープ代およそ5200円。
ステップを取り付け完成

ついでに記念写真。
舌出しりく

以上、以上、D40X + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G

市川市動物園メイファ、イチ丸親子2011年02月06日 21時47分11秒

市川市動物園メイファ、イチ丸親子
D700 + AF-S Teleconverter TC-20EII + Ai AF-I Nikkor ED 300mm F2.8D(IF), auto (ISO 1000), 1/250sec, F5.6, 600mm

2月5日の市川市動物園。
手前がメイファ、イチ丸のお母さん小熊猫。